元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事ハワイ専門
海外旅行 世界遺産 世界博物館

世界博物館【バリの博物館】

海外旅行 世界遺産 世界博物館
バリの博物館と伝統芸能

ジャカルタ.jpgバリ博物館


インドネシアのバリ島は、イスラム教徒が多いインドネシアにあって、ヒンドゥー教が支配する村です。ここには世界中から、その美しいサンゴ礁に囲まれたビーチ・リゾートを目指す観光客が訪れます。でも・・・ただ海で泳ぐだけでは絶対におしいです!ここバリの魅力は、聖なる山「アグサン山」のふもとに広がる田園風景や、ひとつの島で一州を形成する独立した文化芸術、そしてどこからか流れてくるガムランの響き・・・。

バリを訪れたら、しばし芸術的な空気のなかでゆったりとした時間を過ごしてみるのもいいかもしれません。
バリでお勧めの博物館は、バリ博物館ル・メイヨール博物館です。

バリ博物館
市場から歩いて10分ほど。ププタン広場の向いにある博物館です。広い敷地内には、バリ宮殿の寺院の建築様式を取り入れた展示室や見晴らし台の望楼(物見やぐら)があります。

1932年にオランダ政府によって設立されたもので、バリの歴史を興味深く思う人には勉強になります。

ル・メイヨール博物館
ベルギー出身の画家メイヨールが住んだ家で、内装が伝統的なバリ建築となっています。この博物館は、サヌールに位置します。バリでも有名なホテルホテル・バリ・ビーチの横です。

その他、バリには「アート・センター」があります。広大な敷地のなかに美術館と、二つの野外劇場などがあります。現在ここではダンスやガムラン音楽の演奏は行われていません。したがって、バリの伝統芸能を観たいと言う場合は、デンパサールやウブド、ボナなどで毎日定期公演を「どこかかしか」でやっていますので、観光案内所でスケジュールを確認し、チケットを購入してみてはいかがでしょう?

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 15:35 | Comment(0) | 世界博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ「アユタヤ」

旅行観光 トラベル【旅の細道】
http://tabino-hosomichi.seesaa.net/
横浜開港150周年「ヒルサイドエリア」のイベント



bi-ti0305.jpg
世界遺産:タイ「アユタヤ」
【記事の詳細】


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ











posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 09:38 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界遺産 モロッコマラケシュ「クトゥビアの塔」

旅行観光 トラベル【旅の細道】
http://tabino-hosomichi.seesaa.net/
黒部ダムの知名度

世界遺産 モロッコマラケシュ「クトゥビアの塔」
【詳細記事】

 クトゥビアの塔.jpg
posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 19:14 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界のパワースポット

海外旅行 世界遺産 世界博物館
世界のパワースポット

海外旅行世界遺産.jpg
ペルーの世界遺産 空中都市「マチュピチュ」には数多くの歴史の不思議が・・


不思議なエネルギーを感じる事が出来るパワースポットと呼ばれる場所は日本でも数多く存在しています。
またその場所は日本だけではなく世界中にも至るところに存在していているようです。ではどんな場所がパワースポットと呼ばれる場所なのかと言うと「世界遺産」と呼ばれる様な場所は大体がパワースポットなのではないかと思ってもいいそうです。
昔から人が惹き付けられて集まってくるような場所だったり、お寺が建つような場所だったりする所はエネルギーを感じる場所である事が多いそうで、街や都市などもそういったエネルギーがある場所に作られている所も多いそうです。

もちろん、人が集まるような場所だけではなく、「マチュピチュ(ペルー)」「セドナ(北米)」「シャスタ山」「ピラミッド」「ハワイ」「バリ島」「オーストラリア」などと言った大自然が織り成す絶景ポイントもエネルギーが満ち溢れていてパワースポットとなっている所も多いようです。
人は何かを求めてそういったパワースポットと呼ばれる場所に行くのだと思いますが、その場所に行ったからと言って必ずしも何か不思議な体験をすると言うことでもありません。エネルギーを感じる人も感じない人もいるからです。そういったエネルギーを期待して行くよりもまずは何故その場所がパワースポットと呼ばれる様に人が惹き付けられる理由なのかを探り、それを感じたり、美しさや自然、壮大さを感じてみたりする事が大切だと思います。

そう言った意識をする事でエネルギーを体で感じるようになってくると思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 11:26 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイの博物館

海外旅行 世界遺産 世界博物館
タイの博物館
タイプーケット.jpg
プーケット島やパタヤなど、日本からも近いこともあってリゾート地として近年、ますます身近になってきたタイ。リゾート以外に、博物館も充実しています。
マハ・ヴィラウォン博物館・・・コラート
(クメール遺跡に彫られていた数々のレリーフや古銭が展示されています)

ラーム・カムヘン国立博物館・・・スコータイ
(スコータイおよび周辺で発掘された美術品や骨とう品が集められた博物館で、1964年にオープン。スコータイ仏として知られる遊行仏像が見ものです。)

チェン・マイ国立博物館
(ワット・チェット・ヨート付近の博物館です。1階は仏像や陶器を展示。2階はタイの民芸品が展示されています。見どころはランナータイ文化のコーナーです。)

タイでできれば寄ってみてほしいのが、博物館の一種として「山岳少数民族研究所」です。チェン・マイ大学の構内にあって、北部タイの山岳少数民族の生活様式などを再現していて興味深いものがあります。隣の棟には、少数民族に関する書籍や資料が整えられた図書館もあり、研究者のみならず、興味のある人にとっては宝の山のような場所です。
また、「オールド・チェン・マイ文化センター」は、観光客用に作られた山岳少数民族の村です。カントークと呼ばれる丸いお膳に載せた郷土料理を、伝統的なスタイルで食べさせてくれます。

近年、著しい経済成長を遂げつつあるタイですが、その一方で、少数民族が今もその独自の生活を続けるタイのもうひとつの現実があります。
タイ好きのあなたにとってますますタイの魅力を感じさせてくれることでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コースバリエーションと価格に自信!格安旅行満載の阪急交通社
posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 17:21 | Comment(0) | 世界博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ アユタヤ王朝

海外旅行 世界遺産 世界博物館
タイ アユタヤ王朝

アユタヤ王朝.JPG

タイの歴史は、BC3〜1238年まで古代・中世、1238年から1448年までスコータイ王朝、1351年〜1767年までアユタヤ王朝、1768年〜1782年までトンブリー王朝、1782年〜1932年までラッタナコーシン王朝、そして、1932年からタイ国となっております。アユタヤ王朝は、タイ中部を中心として展開していった王朝です。創設者は、ラーマーティボディ1世(ウートン王)です。
ウートンとは、金のゆりかごという意味でタイの中部ではこの名前を持つ王は多かったと言われています。
ラーマーティボディ1世は、仏僧を招いて国内統一のために小乗仏教を国内の宗教としていました。
小乗仏教とは、仏教の分類のひとつであり、この他に大乗仏教などもあります。
他に、三印法典(ダルマシャスートラ)を整備し、19世紀ごろまで基本法典として機能していました。
現在のタイという場所は、位置的にまわりの国々の中心にもあるという利点を生かして貿易によって栄えました。
アユタヤ王朝時代は、西洋との貿易を活発に行い莫大な富を蓄えたと言われています。
貿易によって他の国から様々な文化も取り入れることとなり、アユタヤ時代の文化はその影響もあり大変華やかなものであったと言われています。
しかし、1767年にシンビューシンによって滅亡します。
このとき、アユタヤの町は壊滅状態となってしまい、後の王タークシンはアユタヤの復興は諦めてしまいます。
現在のアユタヤには廃墟となった遺跡が残されておりますので、当時の面影を感じることができるでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 21:27 | Comment(0) | アユタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄の世界遺産

旅行 観光 トラベル パワースポット
沖縄の世界遺産

沖縄には斎場御嶽(せーふぁうたき)と呼ばれる世界遺産があり、パワースポットでもあります。

沖縄世界遺産.jpg

、王族がいた頃、王族とそうでない一般の人が立ち入りを分別されたと言う参道があります。聖地と呼ばれる場所には必ずと言っていい程霊界と人間界を分ける結界があると言われていて、この参道の曲がり角がその結界ではないかと思われる位、エネルギーの感じ方がガラッと変わるそうです。
その曲がり角から少し歩いた場所にパワースポットと呼ばれるエネルギースポットがあります。ここは儀礼に使われている場所みたいで、大岩の下に石で長方形に囲われている場所になっています。
この土地は昔から男性である天照(あまてらす)が守っているのではなく、女性の神様である海照神(うみてらすかみ)によって守られてきているようです。
こう言った形になっている聖地の形と言うのは他にもあるようで、例えば出雲大社奥にあるパワースポットも同じような形をしているそうです。
大岩の下が抉り取られるような形になっていてそこに神様の気が宿っていると言う感じと言ったらイメージが掴めるでしょうか?こう言った場所に行った時には岩に手を充てて落ち着いてみましょう。邪念がスッと取り除かれて行くのを感じると思いますよ。
パワースポットと呼ばれる場所はたくさんあっても実際にエネルギーを強く感じる事が出来る場所は少ないのではないかと思います。そんな数少ないエネルギーが強いパワースポットが(せーふぁうたき)なのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 09:15 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オークランド 美味しいレストラン

海外旅行 世界遺産 世界博物館 ニュージーランド観光
オークランド 美味しいレストラン
オークランド090213.jpg

ニュージーランドへ観光旅行に訪れたなら、ぜひ、ニュージーランドのおいしい「味」も堪能してください。おしゃれなカフェやレストラン、それにニュージーランドならではの食材を使った料理を存分に楽しむことができます。特にオークランドでは、新鮮なシーフードをぜひ、どうぞ!
それでは、ニュージーランドの観光旅行客に人気のレストランを挙げてみることにします。評価は?ご自身の舌で!料理の種類と簡単な行き場所をご紹介します。
アントニーズ・・・ニュージーランド料理
QW2スクエアより車で約7分。電話番号:379-8756
夜に、ちょっとゴージャスに楽しみたいという方にお勧めです。フルコースでぜひ、ゆっくりと楽しみたいお店です。ワインもGOOD!
ランチタイムはリーズナブル。ただし、服装はそれなりのものが必要です。
ユニオン・フィッシュ・・・シーフード
QE2スクエアより徒歩約5分。電話番号:379-6745
天井が高く、開放感にあふれる店づくり。伊勢海老の活き作りや、牡蠣料理がお勧め。日本人好みにお刺身もいけます
オー・カルカッタ・・・インド料理
QE2スクエアから車で約6分。電話番号:377-9090
香辛料のピリッと利いた味をお求めの方にはぜひ、ここで汗を流して食事を堪能してほしいですね。
店内にはインドの音楽が流れ、ナン(インドのパン)を焼いているコックさんの姿を見ることができます。インドビールもあります!
ミュージカル・ナイブズ・・・自然食
QE2スクエアから車で9分。電話番号:376-7354
ベジタリアン向けのメニューがそろった、自然食のお店です。2階席が落ち着いていてお勧め。オークランド市街が一望できます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

人気ビーチやショッピングモール、美術館やスタジアムなど

人気観光スポットの近くのホテルを簡単検索 海外ホテル予約サイト ホテルスキップ

posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 16:38 | Comment(0) | ニュージーランド観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ アプタイベルク美術館

海外旅行 世界遺産 世界博物館美術館
ドイツ アプタイベルク美術館


アブタイベルク美術館.jpg

ドイツのメンフェングラートバッハには、現代美術ファンには必見の美術館があります。それが、「アプタイベルク美術館」です。
アプタイベルク」というのは、修道院の丘という意味です。美術館のあるあたりにかつてベネディクト派の修道院があったからです。

●アプタイベルク美術館
ドイツのメンフェングラートバッハは、ディッセルドルフの西へ約30キロメートルいったところにある小さな都市です。しかし、その中央駅の駅舎は、アールヌーボーの趣をたたえ、なかなか雰囲気のあるものです。
この中央駅を出て正面の駅前広場を横切って走っているのが、ヒンデンブルク通りです。この通りを左側へ向かって歩いていくとやがて、ビスマルク通りにぶつかります。ヒンデンブルク通りと、ビスマルク通りが、要するにメンフェングラートバッハのメインストリートとなります。
このヒンデンブルク通りをここから少しずつ右へとカーブしながらのぼっていくと、やがて森がある通りと交差します。この森の脇を少しいくと、現代美術の素晴らしさで名高い「アプタイベルク美術館」に出ます。
美術館の近くには、市の市庁舎があります。これはかつて修道院だった建物を、市庁舎として利用したものです。アプタイベルク美術館を訪れたなら、その隣接して建つ大聖堂も見学してみてください。旧修道院付属の境界で11〜13世紀に建てられたものです。
アプタイベルク美術館は、火曜日〜日曜日までの10時から18時までの開館です。月曜日は休みとなります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 14:41 | Comment(0) | 世界の美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の観光地 上海

旅行 観光 トラベル
上海、旅の季節

町並み.jpg
こらからがペストシーズンの上海

中国は広大な面積をもつ国ですから、ひとくちに「中国の気候」とくくってしまうことはナンセンスです。北京の緯度が日本でいうと東北にあたります。秋田ぐらいでしょうか? 一方、上海は?というと、鹿児島県ぐらいにあたります。中国最南端の海南島ともなると、北回帰線のはるか南です。
また、チベット高原はヒマラヤ山脈をいただく地形ですし、砂漠地帯のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠にもつながるなど、実に多彩な自然の姿をもつ国なのです。
上海旅行・観光についていうと、とりあえず華中の気候に関心をもつ必要があります。

揚子江下流域にあたるこの地域は、温帯に属します。日本のちょうど本州よりも南と似た気候といったらいいでしょう。湿潤で、梅雨もあります。ただ夏はとても湿度が高くなり、洗濯物が乾かないのが旅人にはネック。
一方冬は、射し込むような寒さはなく、華北と比べると天国のような快適さです。とはいうものの、湿度があるのでいわゆる「底冷え」がする寒さです。足先がどうにも冷たくなってしまってつらい、という人は、カイロを持参することをお勧めします!
上海旅行・観光へどの季節に行かれるかによっても異なりますが、長江沿いの都市では、夏の気温が35度を超える日もあります。地獄のような暑さのなか、まず体力のないものからどんどん倒れていくことになります。せっかく行ったのに、体調を崩してはもともこもありませんから、体力に自信のない方は、夏の旅は避けましょう。


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 12:43 | Comment(0) | 中国の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
|TOPページ|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。