元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事ハワイ専門
海外旅行 世界遺産 世界博物館

世界遺産の街と門

モロッコ
世界遺産の街と門
海外旅行 世界遺産 世界博物館

モロッコでユネスコの世界遺産に登録されているのは、
1.ファズ・エル・バリの世界最大のメディナ(旧市街)の町並み、2.マラケッシュのメディナ、
3.古都メクネス、
4.ウォルビリス、
5.ティトゥアンのメディナ、
6.エッサウッィラのメディナ、
7.アル・ジャディーダのポリトガル都市
8.アイト・ベン・ハドゥの8つです。

特徴として、町並み全体が遺産登録されていることに気づきます。特にモロッコでは、メディナ(旧市街)と、それを取り囲む城壁、そしてそのメディナへの入口であり、また出口でもある、門に着目してみると面白い発見があるかもしれません。

メディナは歴史の遺物ではありません。そこには今も、多くの人びとの生活が昔と変わらない喧騒でうごめいています。

モロッコを訪れたらなら、ぜひ、それぞれの町の「門」に着目してください。
たとえば?
★マラケッシュ
・アグノウ門(マラケッシュで最も美しい門のひとつとといわれる門。)
marrakech_agunoumon.jpg

★フェズ
mekunesu.jpg
・スマリン門(王宮から少しいったところの白い門)
・ダカーキーン門(スマリン門からフェズ・エル・ジェディド通りを行ったところ)
sumarin_mon.jpeg
・ブージュルード門(★メディナの入り口にあるフェズ最大の門)
モロッコ フェズ・エル・バリ.jpg
★古都メクネス
jyamaefufuna.jpg
・マンスール門(北アフリカで最も美しく、有名な門のひとつ。「改宗者の勝利の門」という意味。)
makunesu1.jpg
・ベルダン門(「荷鞍の門」という意味。ザルフォーン山の美しい景色を望む)
marrakech_agunoumon.jpg
★ラバト
・ルワー門(ムワッヒド朝の塁壁のなかでも、ほとんど昔のままの姿を残している門。ルワーとは「風」という意味をもちます。)



posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 13:39 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルダン門

海外ツアー モロッコ 世界遺産 古都メクネス
ベルダン門
海外旅行 世界遺産 世界博物館

世界自然遺産 アフリカ1・アフリカ2編 [Blu-ray]

世界自然遺産 アフリカ1・アフリカ2編 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ケンメディア
  • メディア: Blu-ray



モロッコでユネスコの世界遺産に登録されているのは、8つです。
そのひとつである、古都メクネスには、17世紀に最盛期を迎えた街です。メクネスは、やはり世界遺産に登録されている、フェズなどの町並み(メディナ)と比べると、整然としていて歩きやすいという印象を受けます。
メクネスは、首都機能としては、アラウィー朝のムーレイ・イスマイルの時代のわずか半世紀でしたが、ムーレイ・イスマイルは数多くのすばらしい建築物を残しています。多くの城壁や門、モスクなど・・・これらは、同時代にヨーロッパでその栄華を誇っていたルイ14世のヴェルサイユ宮殿に対抗しようとしてのこととも言われます。
現在は眠っているかのようだ、と言われる古都メクネスですが、東西南北を結ぶ中継地点として重要な位置にあることはかわりません。また、ユネスコに登録されている「ヴォルビリス」や、聖都「ムーレイ・イドリス」を訪ねるのにも拠点となります。

モロッコの街を歩いていて、いつもふと立ち止まり、新たな思いにさせられるのが、その「門」です。
古都メクネスには「マンスール門」があります。その他、「ベルダン門」と「クミス門」があります。
★ベルダン門
有名な「マンスール門」が、メディナの南に位置し、エディム広場に面して王都エリアへのメインゲートとなるのに対して、ベルダン門は、メディナの北の入口となる門です。ムーレイ・イスマイルによってつくられました。
berudamon.jpg

ベルダンというのは、「荷鞍の門」を意味する言葉です。昔このあたりでは、荷鞍の製造がおこなわれていたことに由来します。
他の門と同様、そのすばらしい彫刻は目を見張るものがありますが、この門からぜひ、見ていただきたいのが、ここから見渡せるザルフォーン山の美しい魅惑的な景色です。


posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 08:51 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古都メクネス

世界遺産 モロッコ
古都メクネス
海外旅行 世界遺産 世界博物館

モロッコでは現在8つのユネスコ世界遺産があります。jyamaefufuna.jpg
1.ファズ・エル・バリの世界最大のメディナ(旧市街)の町並み、2.マラケッシュのメディナ、
3.古都メクネス、
4.ウォルビリス、
5.ティトゥアンのメディナ、
6.エッサウッィラのメディナ、
7.アル・ジャディーダのポリトガル都市、
8.アイト・ベン・ハドゥです。


古都メクネス
mekunesu.jpgメクネスは、現在のモロッコの王朝アラウィー朝が17世紀?18世紀に都と定めた街です。首都としての寿命は短く、約半世紀ほどでした。メクネスの最盛期は、17世紀のムーライ・イスマイル王の頃です。
彼の死後にたてられた「ムーレイ・イスマイル廟」と、王都の入口にある万スール門とともに、イスラム建築の最高傑作と数えられています。
世界最大のメディナ(旧市街)と比べると、メクネスの建築物は新しく、色鮮やかです。

マンスール門
makunesu1.jpg北アフリカで最も美しいと言われる有名な門です。エディム広場に面しており、王都エリアへのメインゲートとなる巨大な門です。
馬蹄形のアーチは、青と緑のモザイクと彩釉タイルで彩られています。壁の斜め格子の彫刻が美しい陰影を造り、必見です。
この門は、メクネスの最盛期であった17世紀の王、ムーレイ・イスマイルが手掛けた最後の建築物といわれます。彼の死後、息子によって18世紀(1732年)に完成されました。
マンスールという名前は、イスラム教に改宗したキリスト教徒マンスールが設計したことにちなみます。「改宗者の勝利の門」を意味して「マンスール・エルアルージュ門」とも言われます。

posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 09:58 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイト・ベン・ハドゥ

アイト・ベン・ハドゥ
海外旅行 世界遺産 世界博物館

モロッコには、2007年10月現在、8か所がユネスコの世界遺産条約によって世界遺産として指定されています。
モロッコの世界遺産の特徴は、何かひとつの建物というのではなく、人びとが生活を続ける街そのものが世界遺産指定をされているということです。
ファズ・エル・バリの世界最大のメディナ(旧市街)の町並み、マラケッシュのメディナ、古都メクネス、ヴォルビリス、ティトゥアンのメディナ、エッサウッィラのメディナ、アル・ジャディーダのポリトガル都市、そしてベルベル人たちのカスパであるアイト・ベン・ハドゥです。

aitobenhdo.JPG


アイト・ベン・ハドゥ
7世紀にアラブ人による支配をのがれたベルベル人は、アトラス山脈を越えて、オアシスにカスバを築きました。カスバというのは、城砦です。
アイト・ベン・ハドゥというのは、現在「カスバ街道」と呼ばれるエリアで、ワルザザード近郊西に33キロメートルに位置します。カスバ化した村「クサル」の典型的な例といえるでしょう。
映画の『アラビアのロレンス』や『シェルタリング・スカイ』で実際にロケ地となったのが、このアイト・ベン・ハドゥです。

アラビアのロレンス 完全版 [DVD]

アラビアのロレンス 完全版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD




シェルタリング・スカイ [DVD]

日干し煉瓦の乾燥した、埃のけむる光景は、殺伐とし、人を寄せ付けない厳しさと迫力を見せています。特別な歴史があるわけではありません。むしろ、人の手であれこれと加工されていない、不思議な、現実離れした空間の広がりこそがここのここたるゆえんかもしれません。

aitobenhadu2.jpg


しかしそれでも人は住みます。小川のほとりの丘の斜面を利用して建てられた「村」には、巨大な門が構え、高い城壁が張り巡らされています。
それでもここには現在もベルベル人の家族が5〜6家族住んでいます。
カスバ街道には、他にも幾つか同様の村が存在しますが、ここアイト・ベン・ハドゥの保存状態は格段に良いといえるでしょう。
来るものは拒む!まさにそう言っているかのようです。
ここはやはり、難攻不落の要塞なのです。


posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 07:57 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェズ・エル・ジュディド通り

フェズ・エル・バリ
フェズ・エル・ジュディド通り
海外旅行 世界遺産 世界博物館

フェズフェズ・エル・ジュディド地区の観光名所

sumarin_mon.jpeg


王宮の正門の右横の道「ブー・キサット通り」をどんどん歩いて行くと、メラー(旧ユダヤ人居住地)へ出ます。シナゴーグ(ユダヤ教会)や、木製のバルコニーや格子窓のある独特のたたずまいを眺めながら、ユダヤ人の迫害の歴史に思いをはせるのもいいでしょう。
王宮から10分ほどで、左手に白い重厚な門が見えてきます。「スマリン門」です。ここを入れば、フェズ・エル・ジュディド地区の一番の繁華街、通称フェズ・エル・ジュディド通りです。活気のある店が、南の「スマリン門」から、北側の「ダッカーキーン門」まで続きます。

スマリン門をくぐると、道端に日用雑貨が売られているのが目に入り・・・目を白黒させている間に、いつしか衣料品スークのアーケード街へ。

スマリン門から入ってすぐの道の両脇には、ふたつのモスクがあります。これらは14世紀にたてられたものだそうです。
モスクとは、イスラム教徒の礼拝所、礼拝堂のことです。
柱廊で囲まれたパティオ(中庭)の真ん中に、身体を清めるための池や噴水があるつくりになっています。

モロッコは、ヨーロッパの雰囲気が漂うとはいえ、アフリカの、しかも砂漠の国。
夏ともなれば灼熱の太陽が容赦なく照りつけます。一方冬のモロッコは、これまた容赦なく寒い。4つ星以上のホテルならともかく、それ以下・・・星がついてない?宿泊所では、思いのほか冷え込みます。しかも埃を煙らせる乾いた冬風には、人間を容易には寄せ付けない厳しさがあります。
からからに乾いた空気のなか、モロッコで水をみるとなぜかほっとしてしまいます。
モスクの入口にある水場や、広場で水を売る商人・・・水の大切さを感じるのが、このモロッコです。

ちなみに・・・とにかく旅行の最中に気になるところ・・・「トイレ」もこの近くにあるので、モロッコでトイレが心配な方は、モスクの場所を常に念頭にして歩くといいかも!

ここを抜けると、世界遺産のフェズ・エル・バリはもうすぐです。



お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 12:26 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェズの「王宮門」

海外旅行 世界遺産 世界博物館
フェズの「王宮門」

fezoukyumon.jpg

フェズフェズ・エル・ジュディド地区の観光名所・・・王宮
新市街から、フェズ・エル・ジュディド地区を抜け、世界遺産「フェズ・エル・バリ」へ至るまでの観光名所は、まずは、

fezoukyumon2.jpg
1.王宮、
2.メラー、
3.フェズ・エル・ジュディド通り、
4.ブー・ジュルード庭園

となります。

まずはそのなかでも「王宮」を訪れてみるのがお勧めの観光ルートとなっています。フェズの街の地図を片手に、ゆっくりと歩いてみるのもいいでしょう。
フェズの街の地図をみてください。フェズ・エル・ジュディド地区の中央に位置し、広大な面積を占めているのが、「王宮」です。

市街地の観光局から、横道ムーレイ・ユーセフ通りを北東に5分ほど歩くとつきあたります。
かつてのスルタン、つまり11世紀以降、主としてスンニー派イスラム王朝の君主、の居城であり、スルタンの兵士たちの駐屯地だったところです。
何世紀にもわたって改築、増築が施され歴史を感じさせるたたずまい。
現在は、モロッコ国王がフェズに滞在するときに使用されます。


fezu2.jpg


王宮前広場、「アラウィート広場」には、美しい花々が植えられています。正面に構えているのが王宮の正門です。中には入ることができませんが、きらびやかな門の装飾を眺めているだけでもうっとりしてしまいます。
王宮の先は、メラー(フェズ・エル・ジュディドの南側にある旧ユダヤ人居住地区)になっています。モロッコには、現在、6割を占めるアラブ系住民、3割をしめるベルベル人のほか、ユダヤ人とフランス人が在住しています。
歴史においてはいろいろあったのですが、現在は、民族の対立はほとんどないといいます。
町のなかでいろいろな民族がどのように共存しているかをみるのもまた一つの楽しみ方かもしれません。
ここフェズのメラーは、最古のものだそうです。
14世紀当初は、現在世界遺産となっているフェズ・エル・バリの北側にありました。15世紀にこの王宮の先に移動したのです。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 18:53 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の海外卒業旅行オススメ

海外旅行 世界遺産 春旅行
春の海外卒業旅行オススメ

wall_09_1024_768.jpg


春の卒業旅行に海外へ・・とはいえ、どこへ行くか、どこも気になりますね。バリは、一味違ったビーチリゾートです。独特の文化があり、エキゾチックでもあり、香りも文化も、日本と大きく違うので、異国情緒が楽しめます。
伝統舞踊のケチャックダンス、バロンダンス。グルメでは、ナシゴレンやトロピカルフルーツなど。女性が喜ぶスパなどもあります。
アメリカは、エンターテインメント本場です。大規模なミュージカルやテーマパーク。
その一方で、大自然のグランドキャニオンなどもあり、スケールの大きさはピカイチです。一度の卒業旅行に、いろいろ楽しみたいという方に。
ペルーは、ミステリー好き冒険派にピッタリ。謎が沢山あります。地球の落書き、いつ誰が何のために書いたのかというナスカの地上絵。日本の裏側に築かれていた空中都市のマチュピチュ
謎めいたもの好きで、せっかくだからなるべく遠くへ行きたい!という方に。
グアムは、サークルやゼミ仲間と、みんなでワイワイ行くのにいいですね。あたたかい常夏の島で、ビーチアクティビティやバーベキューなど。みんなで行くから楽しい卒業旅行を演出します。
ソウル・バンコクは、卒業旅行は1回じゃ足りないという方向けです。近場ではアジアへも行ってみましょう。B級グルメやマッサージ、ショッピングなど、短い期間、低予算で行けるのが魅力で、楽しみどころがいっぱいです。思い出は多い方がいいですね。
ヨーロッパも、美しい町並みを満喫できます。お洒落なカフェ、夜の建物を照らす照明も素晴らしく、馬車、本場の音楽も素晴らしいものがあります。文化を味わいたい方に。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

宿ぷらざ


メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活

posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 16:08 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ「アユタヤ」

旅行観光 トラベル【旅の細道】
http://tabino-hosomichi.seesaa.net/
横浜開港150周年「ヒルサイドエリア」のイベント



bi-ti0305.jpg
世界遺産:タイ「アユタヤ」
【記事の詳細】


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ











posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 09:38 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界遺産 モロッコマラケシュ「クトゥビアの塔」

旅行観光 トラベル【旅の細道】
http://tabino-hosomichi.seesaa.net/
黒部ダムの知名度

世界遺産 モロッコマラケシュ「クトゥビアの塔」
【詳細記事】

 クトゥビアの塔.jpg
posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 19:14 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界のパワースポット

海外旅行 世界遺産 世界博物館
世界のパワースポット

海外旅行世界遺産.jpg
ペルーの世界遺産 空中都市「マチュピチュ」には数多くの歴史の不思議が・・


不思議なエネルギーを感じる事が出来るパワースポットと呼ばれる場所は日本でも数多く存在しています。
またその場所は日本だけではなく世界中にも至るところに存在していているようです。ではどんな場所がパワースポットと呼ばれる場所なのかと言うと「世界遺産」と呼ばれる様な場所は大体がパワースポットなのではないかと思ってもいいそうです。
昔から人が惹き付けられて集まってくるような場所だったり、お寺が建つような場所だったりする所はエネルギーを感じる場所である事が多いそうで、街や都市などもそういったエネルギーがある場所に作られている所も多いそうです。

もちろん、人が集まるような場所だけではなく、「マチュピチュ(ペルー)」「セドナ(北米)」「シャスタ山」「ピラミッド」「ハワイ」「バリ島」「オーストラリア」などと言った大自然が織り成す絶景ポイントもエネルギーが満ち溢れていてパワースポットとなっている所も多いようです。
人は何かを求めてそういったパワースポットと呼ばれる場所に行くのだと思いますが、その場所に行ったからと言って必ずしも何か不思議な体験をすると言うことでもありません。エネルギーを感じる人も感じない人もいるからです。そういったエネルギーを期待して行くよりもまずは何故その場所がパワースポットと呼ばれる様に人が惹き付けられる理由なのかを探り、それを感じたり、美しさや自然、壮大さを感じてみたりする事が大切だと思います。

そう言った意識をする事でエネルギーを体で感じるようになってくると思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 11:26 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄の世界遺産

旅行 観光 トラベル パワースポット
沖縄の世界遺産

沖縄には斎場御嶽(せーふぁうたき)と呼ばれる世界遺産があり、パワースポットでもあります。

沖縄世界遺産.jpg

、王族がいた頃、王族とそうでない一般の人が立ち入りを分別されたと言う参道があります。聖地と呼ばれる場所には必ずと言っていい程霊界と人間界を分ける結界があると言われていて、この参道の曲がり角がその結界ではないかと思われる位、エネルギーの感じ方がガラッと変わるそうです。
その曲がり角から少し歩いた場所にパワースポットと呼ばれるエネルギースポットがあります。ここは儀礼に使われている場所みたいで、大岩の下に石で長方形に囲われている場所になっています。
この土地は昔から男性である天照(あまてらす)が守っているのではなく、女性の神様である海照神(うみてらすかみ)によって守られてきているようです。
こう言った形になっている聖地の形と言うのは他にもあるようで、例えば出雲大社奥にあるパワースポットも同じような形をしているそうです。
大岩の下が抉り取られるような形になっていてそこに神様の気が宿っていると言う感じと言ったらイメージが掴めるでしょうか?こう言った場所に行った時には岩に手を充てて落ち着いてみましょう。邪念がスッと取り除かれて行くのを感じると思いますよ。
パワースポットと呼ばれる場所はたくさんあっても実際にエネルギーを強く感じる事が出来る場所は少ないのではないかと思います。そんな数少ないエネルギーが強いパワースポットが(せーふぁうたき)なのです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 09:15 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モロッコマラケッシュ「クトゥビアの塔」

世界遺産 モロッコマラケシュ「クトゥビアの塔」
ユネスコの世界遺産に登録されている、マラケッシュ。モロッコのほぼ中央に位置します。モロッコ「クトゥビアの塔」090107JPG
標高450メートル。北から、大西洋岸から、そしてサハラ砂漠から・・・あらゆる民族、あらゆる物資、あらゆる情報がここに集います。
街の背後には、オート・アトラス山脈があり、北の肥沃な土地と、そこからはるか南のサハラ砂漠との隔壁となっています。

3000メートルから4000メートル級の山並みが悠然と街を取り囲みます。旧市街は、赤土の日干しレンガで造られた建物がならび、赤茶色の世界。
ナツメヤシやオリーブの緑が赤茶色と鮮やかな対照を示します。
それとは対照的に、新市街には近代的な建物が立ち並びます。

マラケッシュの街は、大きく3つの地域に分かれます。
1.ギリーズと呼ばれる新市街。
2.ジャマ・エル・フナ広場を中心としたメディナ(旧市街)。
3.王宮のあるメディナの南側の史跡地区。
マラケシュ090107jpg
マラケッシュの見どころ
☆メディナ(旧市街)
★クトゥビア・・・メディナの西にそびえ建つ、マラケッシュのシンボル。高さ約77メートルのミナレット。「ミナレット」とは「塔」の意味。4面それぞれに異なる装飾をもつムーア様式建築は圧巻と言えるほどの美しさ。
夜には、ライトアップされ、その美しい壁面が暗闇のなかにくっきりと浮かび上がります。
夜、マラケッシュの町を一人で出歩くのはちょっとお勧めできませんが、ライトアップされたその姿をぜひ、ご覧いただきたいです。
このミナレットは、セビリアのヒラルダの塔と並ぶ、世界で最も美しいミナレットのひとつとされます。








posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 13:18 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界遺産 タイ アユタヤ王朝へ行く

世界遺産 タイ アユタヤ王朝へ行く

世界遺産 タイ アユタヤ
世界遺産 アユタヤ 王朝
世界遺産 アユタヤ 王朝(2)
世界遺産 アユタヤ 王朝(3)
世界遺産 アユタヤ(アユタヤ前期)
世界遺産 アユタヤ(アユタヤ中期)
世界遺産 アユタヤ(アユタヤ後期)
世界遺産 アユタヤへ行く
世界遺産 アユタヤ 気候と通貨
世界遺産 アユタヤ タイの治安と水
世界遺産 アユタヤ タイの習慣
世界遺産 アユタヤ 交通
世界遺産 アユタヤ ツアー
世界遺産 アユタヤ レストラン
世界遺産 アユタヤ 宿泊施設
世界遺産 アユタヤ 宿泊施設(2)
世界遺産 アユタヤ 宿泊施設(3)
世界遺産 アユタヤ 観光スポット
世界遺産 アユタヤ 観光スポット(2)
世界遺産 アユタヤ 観光スポット(3)
世界遺産 アユタヤ 観光スポット(4)
世界遺産 アユタヤ 観光スポット(5)
世界遺産 アユタヤ 観光スポット(6)
世界遺産 アユタヤ 観光スポット(7)
世界遺産 アユタヤ 観光スポット(8)
世界遺産 アユタヤ 観光スポット(9)
世界遺産 アユタヤ 美術
世界遺産 アユタヤ タイのタブー
世界遺産 アユタヤ タイのマナー
世界遺産 アユタヤ 気分旅行

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 16:28 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界遺産 モロッコ クトゥビアの塔とメディナの町並み

世界遺産
モロッコ クトゥビアの塔とメディナの町並み

世界遺産 クトゥビアの塔
世界遺産 メディナ(旧市街)
世界遺産 マラケッシュのメディナ
世界遺産 フェズ・エル・バリ
世界遺産 フェズの町並み
世界遺産 新市街からフェズ・エル・バリへ
世界遺産 王宮
世界遺産 メラー
世界遺産 フェズ・エル・ジュディド通り
世界遺産 フェズ・エル・バリ地区
世界遺産 新市街からブー・ジュルート門へ
世界遺産 ブー・ジュルート門
世界遺産 ブー・イナニア・マドラサ(神学校)
世界遺産 マラケッシュの世界遺産メディナ
世界遺産 アグノウ門
世界遺産 アイト・ベン・ハドゥ
世界遺産 古都メクネス
世界遺産 ベルダン門
世界遺産 世界遺産の街と門
世界遺産 クスミ門とアラビア文字
世界遺産 ファティマの手
世界遺産 イスラム教
世界遺産 街としての世界遺産
世界遺産 ベルベル人とユダヤ人
世界遺産 イスラム用語
世界遺産 イスラム建築
世界遺産 アトラス山脈と砂漠越え
世界遺産 砂漠
世界遺産 世界遺産の町での生活
世界遺産 ラマダン

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 00:00 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
|TOPページ|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。