元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事ハワイ専門
海外旅行 世界遺産 世界博物館

メラー(旧ユダヤ人居住区)

フェズ・エル・バリ
メラー(旧ユダヤ人居住区)
海外旅行 世界遺産 世界博物館

fez_merar.jpg


王宮には入ることができないので、王宮前のアラウィート広場で一休みしたあと、正門をじっくり堪能したら、そのまま右の路へ入っていきます。その先は、メラー(フェズ・エル・ジュディドの南側にある旧ユダヤ人居住地区)になっています。

中世の頃、スペインで迫害されたユダヤ人がモロッコに移住し、なかでもここフェズのメラーは、最古のものなのです。
モロッコはアフリカの北端ですが、実はヨーロッパは目と鼻の先。ポルトガルやスペインとは実に関係が深いのです。

このメラーは、14世紀当初は、現在世界遺産となっているフェズ・エル・バリの北側にありました。15世紀にこの王宮の先に移動したのです。
しかしそのユダヤ人も、イスラエル建国に伴い、ここを去りました。
現在ここは、ムスリム住民が大半を占めますが、シナゴーグ(ユダヤ人教会)や、木製のバルコニー、格子窓がある家は、独特の雰囲気と歴史を感じさせます。このメラーには、ユダヤ人が経営する金銀細工のお店があります。
街の散策をしながら歩き、金銀細工のお店をのぞいてみるのもいいかも!
ちなみに、フェズのメディナは、毎日13:00〜15:30は休憩時間金曜日はお休み!こればっかりは、どうしようもありません。
世界遺産に指定され、観光が大きな収入源となろうとも、自分たちの伝統の生活様式は崩さないのです。

王宮には入れないので、そのまま少し歩くと、左側にスマンリン門が見えてきます。白い重厚な門です。ここを入ると、フェズ・エル・ジュディドのいちばん賑やかな「フェズ・エル・ジュディド通り(通称)」です。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 15:41 | Comment(0) | パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワースポットって何ですか?

海外旅行 世界遺産 世界博物館 パワースポット
パワースポットって何ですか?
pawarspot.jpg


パワースポットって言葉が最近とても流行していますが、実際にパワースポットって何?って言われると分からない人の方が多いと思います。

何となく流行りだし、パワースポットに行けばパワーがもらえるかもしれない、不思議な体験をするかもしれないと思ってその場所に行く人も多いと思いますが、きちんとパワースポットは何かを知ってから行く方がより効果を得る事が出来るのではないかと思います。

日本でのパワースポットと言うと神社やお寺などがたくさん挙げられると思いますが、何故こういった場所にパワースポットが多いのでしょうか?

神社やお寺などは本来信仰をする場所です。特に神社は人々が願い事をしたり、お祓いをしたり、お守りやおみくじなどで吉凶を占ったりしますよね。でもその前に自分自身の身を清めるために手水を使って手を洗ったり口をすすいだりします。この行為そのものに意味があるのです。
神社には神様が暮らしていると言われています。神様が気持ちよく暮らせるように、清浄な場所であるように常に清潔でなければならないのです。そういった場所にこそ神秘的な力が宿るのではないかと思うのです。ですから自分自身も清める事でそのエネルギーを充分に得ることが出来ると思います。

神社は清浄な場所である事はもちろん、霊的な観点から見てもさまざまな歴史がある場所でもあります。その上、人々が古来から祈りを捧げてきた場所でもありますので、エネルギーが集中しているのも分かるような気がします。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 14:04 | Comment(0) | パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界遺産 フェズ・エル・バリの町並み

海外旅行 世界遺産 世界博物館

世界遺産フェズ・エル・バリの町並み

フェズ市外.jpg
上から見る町並みはまた、格別な景観ですね♪
新市街から世界遺産の旧市街「フェズ・エル・バリ」へ

モロッコにはユネスコに指定された世界遺産が、現在、8か所あります。
1.マラケッシュのメディナ、
2.アイト・ベン・ハッドゥ、
3.フェズ・エル・バリ、
4.古都メクネス、
5.ヴォルビリス、
6.ティトゥアンのメディナ、
7.エッサウィラのメディナ、
8.アル・ジャディーダのポルトガル都市です。


なかでもお勧めは「フェス・エル・バリ」。フェズの旧市街です。
モロッコの本当の魅力を味わえるのが、この古くて新しい・・・今も往時の活気を残す街です。フェズでの足は、市民バスです。行き先の番号とバス停の場所をまず確認。本数もかなりありますし、料金も一律で2.30DHと、安く、また観光客にはわかりやすいので、個人で観光するにはとても便利です。

新市街から世界遺産のメディナ(旧市街)へのバスは次の通り。
ムハンマド通りの観光案内所から
●2,9番のバスで、ダール・バトハ博物館前のイスティクラル広場まで。
●19番と29番は、フェズ・エル・ジュディドのセマグ門へ。
●ブー・ジュルード門からフェズ駅までは10番か47番。
●新市街からは、19番に乗ります。

もちろん、バスに乗ってもいいですし、市内を走る「プチタックシー」(近距離専用の赤い車体のタクシー)か、「グランタクシー」(同じ方向へ行く数人5〜6人が集まると出発する乗合タクシー)を利用するものもOK。
でも?
せっかくだから歩いてみてもいいのでは?
きっと最もモロッコの本当の姿をみることができるでしょう。



posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 14:42 | Comment(0) | パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界遺産 メディナ

世界遺産 マラケシュ「メディナ」



モロッコにはユネスコに指定された世界遺産が、現在、8か所。モロッコにおける世界遺産の特徴、および魅力は、人びとが現在も生活している街そのものが世界遺産の指定を受けているということ。史跡や建築物、それをめぐる人びとの息遣いが感じられ、それが最大の魅力となっています。

1.マラケッシュのメディナ★
2.アイト・ベン・ハッドゥ★
3.フェズ・エル・バリ★
4.古都メクネス★
5.ヴォルビリス
6.ティトゥアンのメディナ
7.エッサウィラのメディナ
8.アル・ジャディーダのポルトガル都市


モロッコは、北西アフリカのアルジェリア、チュニジアと合わせて「マグレブ」と呼ばれます。マグレブとは、「西方」つまり、「日の没する土地」の意味。「日の出ずる国」と呼ばれた時代もあった日本とは対照的な・・・だからこそなにかつながりを感じる位置にあります。

モロッコの街は、ほとんどが旧市街(メディナ)と、新市街に分かれています。
旧市街は、7世紀にアラブ人が侵入してきたときに作られた古い街並み。
「メディナ」とは、アラビア語で「預言者の町」を意味します。
一方、新市街は、19世紀に発達した、近代的な街です。
世界遺産に指定されたメディナは、いずれも人がやっとすれ違えるかどうかの狭い路地がくねくねと迷路のように走っています。
そこには、スークと呼ばれる商店街や土産物店、住宅がまさにぎゅっと詰まっています。でも、商売に躍起になっているという感じはまったくなく、のんびりとしたやり取りが魅力となっています。





posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 17:35 | Comment(0) | パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のパワースポットについて

日本のパワースポット
海外旅行 世界遺産 世界博物館


阿蘇山090112jpg日本には「パワースポット」と呼ばれる場所が多数存在しているようで、自然的な場所としては富士山や阿蘇山、活火山帯、巨大断層地帯などにあると言われています。
また宗教的な場所としては「伊勢神宮」「高野山」「箱根神社」などお寺や神社などに多くあると言われています。
またそれとは違う場所でパワースポットと言うと「皇居」「鎌倉」「大宰府政庁跡」なども挙げられるようです。
これらの場所は、「気」が風水上で考えてみると噴出し口として定められていたり、自然の物と重なっていたりする場所である事が多いようです。
また、現在日本で「パワースポット」と呼ばれている場所はかなり多く存在していますが、実際にエネルギーが噴出している場所なのかどうか全ての場所に関して信憑性にかける部分もありますので、色々な所で紹介されている全ての場所が「パワースポット」であるとは限らないと言う事が分かっています。
また一つの「パワースポット」の中は全てエネルギーを感じる事が出来るという訳ではなく、その場所のある一点だけと言うように場所によって違うようです。
さらに「パワースポット」として信憑性がある場所であっても、自然における地形の変化や風向き、季節、天気などでいつでもエネルギーを感じる事が出来るという訳ではないので、あまり期待し過ぎない方がいいと思います。
ですから、ただ単に観光で行くと言うのならばともかく、真剣にエネルギーを感じたいと考えている人の場合には、きちんとした情報を得た上で行くことをお勧めしたいと思います。


日本の神仏霊場―いちどは訪ねたい 癒しと活力のパワースポットを巡る (別冊歴史読本 40)

日本の神仏霊場―いちどは訪ねたい 癒しと活力のパワースポットを巡る (別冊歴史読本 40)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新人物往来社
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本



posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 13:59 | Comment(0) | パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄のパワースポット





沖縄には斎場御嶽(せーふぁうたき)と呼ばれる世界遺産があり、パワースポットでもあります。

昔、王族がいた頃、王族とそうでない一般の人が立ち入りを分別されたと言う参道があります。聖地と呼ばれる場所には必ずと言っていい程霊界と人間界を分ける結界があると言われていて、この参道の曲がり角がその結界ではないかと思われる位、エネルギーの感じ方がガラッと変わるそうです。

その曲がり角から少し歩いた場所にパワースポットと呼ばれるエネルギースポットがあります。ここは儀礼に使われている場所みたいで、大岩の下に石で長方形に囲われている場所になっています。
この土地は昔から男性である天照(あまてらす)が守っているのではなく、女性の神様である海照神(うみてらすかみ)によって守られてきているようです。

こう言った形になっている聖地の形と言うのは他にもあるようで、例えば出雲大社奥にあるパワースポットも同じような形をしているそうです。
大岩の下が抉り取られるような形になっていてそこに神様の気が宿っていると言う感じと言ったらイメージが掴めるでしょうか?こう言った場所に行った時には岩に手を充てて落ち着いてみましょう。邪念がスッと取り除かれて行くのを感じると思いますよ。




パワースポットと呼ばれる場所はたくさんあっても実際にエネルギーを強く感じる事が出来る場所は少ないのではないかと思います。そんな数少ないエネルギーが強いパワースポットが斎場御嶽(せーふぁうたき)なのです。

posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 11:55 | Comment(0) | パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男体山

日本にはパワースポットと呼ばれる場所がいくつかありますが、その中でもインスピレーションを高めるためのエネルギーを感じる場所として知られているのが「男体山」です。

日本には古くから巡礼と言った習慣があります。それは日本に古くからある宗教的要素、文化的要素、地理的要素が絡んで出来上がっているようです。
日本は古くから山を崇めて山籠りして修行をするなどの巡礼をしていました。これは日本の国土は都市部を除いた大体の場所が山岳地帯であると言う地理的要素が強いからではないかと思います。

男体山は中禅寺湖と日光の街を見下ろすようにそびえ立っている山で昔から「神聖なる山」と言われているようです。男体山には別名「黒髪山」「二荒山」とも言われていて日光に訪れた人が行くなど今は観光としても有名です。

昔からの言い伝えによると、強い力を持った山の精霊が精神修行をしている僧侶や隠者達の手助けをしていたと言います。
ここでは瞑想にも適している場所でしょうし、人間のあらゆる力を刺激して目覚めさせることができるエネルギーを持っている場所なのだと言うことです。

日光の二荒山神社では登拝祭と言うお祭りが毎年8月頭から1週間ありますが、この時期、一番エネルギーが強い時期であると言われていて、全国から何千人とも言われている信者さん達が山の頂上を目指して来るそうです。もちろん、一般の方も参加する事が出来るそうなのでこの時期に来てエネルギーを感じてみてはいかがでしょうか。


posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のパワースポットについて

日本には「パワースポット」と呼ばれる場所が多数存在しているようで、自然的な場所としては富士山や阿蘇山、活火山帯、巨大断層地帯などにあると言われています。また宗教的な場所としては「伊勢神宮」「高野山」「箱根神社」などお寺や神社などに多くあると言われています。またそれとは違う場所でパワースポットと言うと「皇居」「鎌倉」「大宰府政庁跡」なども挙げられるようです。

これらの場所は、「気」が風水上で考えてみると噴出し口として定められていたり、自然の物と重なっていたりする場所である事が多いようです。

また、現在日本で「パワースポット」と呼ばれている場所はかなり多く存在していますが、実際にエネルギーが噴出している場所なのかどうか全ての場所に関して信憑性にかける部分もありますので、色々な所で紹介されている全ての場所が「パワースポット」であるとは限らないと言う事が分かっています。また一つの「パワースポット」の中は全てエネルギーを感じる事が出来るという訳ではなく、その場所のある一点だけと言うように場所によって違うようです。

さらに「パワースポット」として信憑性がある場所であっても、自然における地形の変化や風向き、季節、天気などでいつでもエネルギーを感じる事が出来るという訳ではないので、あまり期待し過ぎない方がいいと思います。
ですから、ただ単に観光で行くと言うのならばともかく、真剣にエネルギーを感じたいと考えている人の場合には、きちんとした情報を得た上で行くことをお勧めしたいと思います。





posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワースポットに関する効用

パワースポットと呼ばれる場所が今話題を呼んでいますが、実際にパワースポットに行くとどんな効果が得られるのでしょうか?

「パワースポット」に行ってみるだけで、どんな人でもそこにある「波動エネルギー」と言う物を体中に吸収することが出来ると言われています。
この吸収されるエネルギーは体にある「チャクラ」と言われている気が出入りする場所から入り体中を巡っていくようです。この「チャクラ」と言うのは体の中心部に7つあると言われています(説によると耳も含めて8つあるとも言われていますが定かではありません。)。「チャクラ」よりは中国で使われている「ツボ」という言葉の方が馴染みあるかもしれませんね。

このチャクラやツボから得られたエネルギーが人間に与える効果としては「病気などに対する自己回復力、自然治癒力の向上」「肉体的または精神的に関する浄化作用」「精神的な癒しやリラックス効果」「潜在能力の向上」「体内に宿るエネルギーが強化される」などがあると言われています。
こう言った効果が得られると言うことを期待している人が多いようで、パワースポットには最近たくさんの人が訪れていると言うことです。

また、霊感が強いと言った方がいいのでしょうか?感受性が強いと言った方がいいのでしょうか?こう言った人達がパワースポットに行くと体に何かピリピリとしたエネルギーを感じたり、体中に力がみなぎる様に体が温かくなったりという感覚を感じる人もいるようです。


posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワースポットとは何でしょうか?

パワースポットに出かけよう


「パワースポット」と言うのは「エネルギースポット」または「気場」と言うようにも言われています。
簡単に言うとエネルギーが集中している場所の事を指しています。エネルギーと言うのは地球上のあらゆる物の活動源となるものです。

こう言ったエネルギーは中国で発祥している風水で言う「気」と同じような物と考えてもいいと思います。
このエネルギーや気は大地、動物、物などあらゆる物の中を流れている波動ではないかと考えられています。
またこの「波動」の元となっている物は宇宙の気と地上の気という天と地で形成されている物となるようです。
宇宙の気、つまり天の気というのはピラミッドみたいな天を仰いでいるような形の建物などが挙げられると思います。

一般的にそういったパワースポットに建造されている建物はお寺や神社などの宗教施設が多いようです。
またそう言った宗教に関するパワースポットには宇宙のエネルギーを取り込む為に、宇宙に存在する波動と同調する役割が在るのではないかといわれています。

また、自然界における「気」が発生している場所として挙げられるのはエネルギーが地中から強く噴出されている所を指していて、例えば火山地帯や湧水地などが挙げられると思います。



代表的な物と言ったらフランスの「ルルド」と言う所がパワースポットとして認識されています。

そこには「奇跡の聖水」と呼ばれる水が湧き出ているようです。
こう言ったパワースポットを是非訪れてみてはいかがでしょうか。











posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 06:26 | Comment(0) | パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワースポットで癒されたい【日本と世界のスポット】

海外旅行 世界遺産 世界博物館
パワースポットで癒されたい【日本と世界のスポット】

パワースポット パワースポットとは
パワースポット パワースポットの効用
パワースポット 日本のパワースポット(1)
パワースポット 世界のパワースポット(1)
パワースポット 心のヒーリング
パワースポット パワースポットと言う場所
パワースポット 自宅に作る(1)
パワースポット 世界のパワースポット(2)
パワースポット エネルギースポット
パワースポット 効果や効用
パワースポット トラック諸島のジープ島
パワースポット フィンランドのフィンドホーン
パワースポット 天岩戸神社/天安河原神社
パワースポット ポット セドナ
パワースポット イギリスのグラストンベリー
パワースポット ブラック・ロック
パワースポット ハワイ
パワースポット 男体山
パワースポット 北海道・東北
パワースポット 日本のパワースポット(2)
パワースポット 日本のパワースポット(3)
パワースポット 秋田県
パワースポット 沖縄のパワースポット(1)
パワースポット 沖縄のパワースポット(2)
パワースポット パワースポットの癒し
パワースポット パースポットって何?
パワースポット 人造パワースポット
パワースポット パワースポットを自宅に作る(2)
パワースポット パワースポットいったい何だろう?
パワースポット パワースポットと言えば
パワースポット 中部地方(浅間神社)
posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 13:53 | Comment(0) | パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワースポットで癒されたい【効果と効用】

パワースポットで癒されたい【効果と効用】

パワースポット パワースポットとは
パワースポット パワースポットの効用
パワースポット 日本のパワースポット(1)
パワースポット 世界のパワースポット(1)
パワースポット 心のヒーリング
パワースポット パワースポットと言う場所
パワースポット 自宅に作る(1)
パワースポット 世界のパワースポット(2)
パワースポット エネルギースポット
パワースポット 効果や効用
パワースポット トラック諸島のジープ島
パワースポット フィンランドのフィンドホーン
パワースポット 天岩戸神社/天安河原神社
パワースポット ポット セドナ
パワースポット イギリスのグラストンベリー
パワースポット ブラック・ロック
パワースポット ハワイ
パワースポット 男体山
パワースポット 北海道・東北
パワースポット 日本のパワースポット(2)
パワースポット 日本のパワースポット(3)
パワースポット 秋田県
パワースポット 沖縄のパワースポット(1)
パワースポット 沖縄のパワースポット(2)
パワースポット パワースポットの癒し
パワースポット パースポットって何?
パワースポット 人造パワースポット
パワースポット パワースポットを自宅に作る(2)
パワースポット パワースポットいったい何だろう?
パワースポット パワースポットと言えば
パワースポット 中部地方(浅間神社)

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 00:00 | Comment(0) | パワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
|TOPページ|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。