元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事ハワイ専門
海外旅行 世界遺産 世界博物館

人が造り上げたパワースポット

パワースポットとして日本で知られているものに、皇居や京都、首里城などがあります。これらは国を支配する立場の人がエネルギーとパワーを得られるようにと人工的に造りあげたパワースポットです。

昔はこういった建物を造るのに、風水師が土地を見にいって選び、王様が住むのに相応しい土地か判断をします。次に土地を決めたらそこに道を作ったり木を植えたりして邪悪な気を呼び込まないような感じに造り上げていく人工的なパワースポットにしていたようです。

風水はパワースポットを作り出す事が出来る技術だと思いますが、今では家庭や職場などに風水を取り入れようとしている人のアドバイザー的な感じで風水師が活躍していると思います。

風水では、土地の方角が重要視されていて北方角に山があること、東西の方角に山脈があること、西の方角に道があること、南の方角に開けた土地があることが大切です。またそこには龍の通り道になるので水を飲む場所も設置するようにします。この中心地が龍穴と呼ばれてパワースポットになる場所になります。

この龍穴を守るために、神社などが設置されたりしてパワーを守るようにしているとも言われています。それは例えば東京で言うと皇居が龍穴だとすると、それを守るために箱根や日光に神社などが設置されていたりすると言った感じです。
国家スケールになると結構大きいものですが、こう言った事を踏まえた上で昔の人はパワースポットを守って来たという事になります。



posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | 人が作ったパワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
|TOPページ|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。