元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事ハワイ専門
海外旅行 世界遺産 世界博物館

日本にあるパワースポット【北海道・東北】

日本にはパワースポットと呼ばれる場所がいくつかあります。
ここでは北海道と東北にあるパワースポットについてご紹介してみたいと思います。

【北海道神宮】
この神宮は明治天皇が依頼をして建てられたもので、1869年に建てられました。

ここにはたくさんの神様が祀られていて、「大国魂神」は大地における神様として、「大那牟遅神」は開拓における神様として、「少彦名神」は医薬の神様、酒造の神様、国土経営の神様として祀られています。

ではどこでエネルギーを感じるのかと言うと北海道神宮にある鳥居がキーとなっているようです。
北海道神宮に入る時に第3鳥居から入ると金運がアップすると言われています。ここにある狛犬には金運に関するエネルギーがあるようなのです。

第2鳥居から入ると恋愛運が不安定になると言われていますので、恋愛運を安定させたいならここから入るのは避けた方がよさそうです。

【恐山(青森)】
東北にあるパワースポットとして特に有名なのが青森県の下北半島に位置している恐山です。日本三大霊山、日本三大霊地、日本三大霊場としてあげられている場所で、慈覚大師が862年に開山したと言われています。テレビとかでよく霊を呼び出す行為などを見たことはないでしょうか?

恐山には不思議なエネルギーが宿っていて、その場に行くと生まれ変わったかのような感覚さえ感じる方もいるようです。しかし、名前からして霊がいるのではないかと怖がられていると言う話もあります。


posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 07:00 | Comment(0) | ・北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
|TOPページ|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。