元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事ハワイ専門
海外旅行 世界遺産 世界博物館

エンターテイメント

ホテルクラブで世界各地のホテルを最大60%割引き予約


エンターテイメント
海外旅行 世界遺産 世界博物館

中国には地方によって伝統的な芸能があります。日本でおなじみの中国伝統芸能というと、「京劇」を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。京劇は、北方地方のものです。上海の場合は、「上海雑技団」や「越劇」が有名です。
上海旅行・観光の思い出に、夜、ちょっとお出かけしてみるのもいいかもしれません。日ごろ、日本ではあまり観劇などする時間的、精神的余裕がない人も、旅先でならゆったりとした時間をすごすことができるかもしれません。早めの食事を済ませて、でかけてみましょう。

・上海雑技団
syanhai_zatugi.jpg

上海雑技団は、動物を使ったかわいい芸や息をのむような技を披露してくれるサーカス団です。旅行者だけなく、もちろん地元のご家族づれにも大変な人気です。催しものは毎日変わることから、上海旅行・観光のリピーターで前にもみたことがある、という人も、また訪れてみる価値はありかもしれません。ただし・・・残念ながら、パンダは登場しません。
切符は、ダフ屋から買うと高く売りつけられるので要注意です!

・越劇・・・ユエジュー
越劇は、上海で最も人気のあるエンターテイメントです。上海の南の方の地域を発生の地とする、日本でいう宝塚のような劇団といったらいいでしょうか?
越劇は、女優を中心とする、なかなか色っぽい劇です。ストーリーも恋愛もので、哀愁と甘いけだるさを漂わせるその展開は、一度観るとファンになる人が多いというのもうなずけます。衣装の美しさもポイントです。


posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 13:59 | Comment(0) | 上海旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルダン門

海外ツアー モロッコ 世界遺産 古都メクネス
ベルダン門
海外旅行 世界遺産 世界博物館

世界自然遺産 アフリカ1・アフリカ2編 [Blu-ray]

世界自然遺産 アフリカ1・アフリカ2編 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ケンメディア
  • メディア: Blu-ray



モロッコでユネスコの世界遺産に登録されているのは、8つです。
そのひとつである、古都メクネスには、17世紀に最盛期を迎えた街です。メクネスは、やはり世界遺産に登録されている、フェズなどの町並み(メディナ)と比べると、整然としていて歩きやすいという印象を受けます。
メクネスは、首都機能としては、アラウィー朝のムーレイ・イスマイルの時代のわずか半世紀でしたが、ムーレイ・イスマイルは数多くのすばらしい建築物を残しています。多くの城壁や門、モスクなど・・・これらは、同時代にヨーロッパでその栄華を誇っていたルイ14世のヴェルサイユ宮殿に対抗しようとしてのこととも言われます。
現在は眠っているかのようだ、と言われる古都メクネスですが、東西南北を結ぶ中継地点として重要な位置にあることはかわりません。また、ユネスコに登録されている「ヴォルビリス」や、聖都「ムーレイ・イドリス」を訪ねるのにも拠点となります。

モロッコの街を歩いていて、いつもふと立ち止まり、新たな思いにさせられるのが、その「門」です。
古都メクネスには「マンスール門」があります。その他、「ベルダン門」と「クミス門」があります。
★ベルダン門
有名な「マンスール門」が、メディナの南に位置し、エディム広場に面して王都エリアへのメインゲートとなるのに対して、ベルダン門は、メディナの北の入口となる門です。ムーレイ・イスマイルによってつくられました。
berudamon.jpg

ベルダンというのは、「荷鞍の門」を意味する言葉です。昔このあたりでは、荷鞍の製造がおこなわれていたことに由来します。
他の門と同様、そのすばらしい彫刻は目を見張るものがありますが、この門からぜひ、見ていただきたいのが、ここから見渡せるザルフォーン山の美しい魅惑的な景色です。


posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 08:51 | Comment(0) | 世界遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マラケッシュ「アグノウ門」

WEBだから便利!海外自由旅行は予約.com


世界遺産
アグノウ門
海外旅行 世界遺産 世界博物館

ユネスコの世界遺産に指定されているメディナ「マラケッシュのメディナ」の南側、王朝の近くにそれは美しい門があります。

marrakech_agunoumon.jpg


マラケッシュの名物、ジャマ・エル・フナ広場からモロッコ銀行のほうへむかってアグノウ門通りを南に進みます。グランド・オテル・タジのある広い交差点を横切り、直進します。そのままずんずん行って、広い道につきあたるまで行き、斜め左に進むと城壁がある広場に出ます。そこに門があります。それがマラケッシュで最も美しい門のひとつとされる、「アグノウ門」です。

アグノウ門は、アーチの周囲は赤と緑の砂岩で馬蹄形や半円形のくりこみ模様で縁どられています。その上の壁には、コーランの詞の装飾文字が刻まれています。

この門は、スルタンが宮殿に行くために使われた門と言われます。ただ死刑に処された罪人の首をさらす場所でもあったと言われ、小さな大砲が備えられています。
スルタンとは、イスラム教で11世紀以降、主としてスンニー派イスラム応用の君主をあらわす称号です。

クトゥビアの塔.jpg


スマリン門
その他、マラケッシュには、スマリン門があります。この門は、ジャマ・エル・フナ広場のすぐそばです。フナ広場の北側、マグレヴ銀行を背にして正面にあたるところに屋台があり、その右側にごちゃごちゃと店が並びます。ここがスークの入口で、陶器のスークを抜けたところにあるのがスマリン門です。
モロッコを訪れたら、その城壁に囲まれた都市とその入口?出口?である、美しい門を回ってみるととても面白いです。




posted by 世界遺産 世界博物館 記録の細道 at 10:57 | Comment(0) | ・世界遺産 メディナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
|TOPページ|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。